花を楽しむ、なごみの宿

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
2021.08.04  施設のご紹介

「薬石蒸風呂」一般的には湯治サウナ、釜サウナ、ルフロ等とも呼ばれる。

季譜の里で人気の施設「薬石蒸風呂」。当館ではその様に呼んでいましたが、一般的には湯治サウナ、釜サウナ、ルフロ等とも呼ばれる同様の施設があるそうです。薬石蒸風呂が人気の理由は、サウナを楽しむための重要な三つのポイントを満たしているからだとか。その三つのポイントを調べてみました。

 

ポイント1「蒸気」

日本では近年乾式サウナが殆どですが、緊張感の高まる乾式に比べ、湿式サウナの特徴にリラックス効果があります。温められた石で水が蒸発するときに発生するマイナスイオンが副交感神経の働きを助けます。蒸気の中が気持ちいいのはそういう理由があるようです。

 

ポイント2「温度」

乾式サウナが100度近いのに比べ、蒸風呂の温度は45度程度です。真夏の大気温より少し暑い位ですが発汗作用は乾式サウナに比べ高いのが特徴です。温度が高すぎると体の粘膜を傷つけたり、体の先端だけが温まってしまう事もありますが、低温のため身体への負担が低く、体力に自信がない方や暑いのが苦手な方でもご利用できます。

 

ポイント3「遠赤外線」

薬石蒸風呂は温度だけではなく、13種類の天然鉱石の放つ遠赤外線により身体を温めます。岩盤浴も同じですが、岩盤浴との違いは遠赤外線が真上にしか放出しないのに対し、薬石の場合、散らばった石があらゆる方向に遠赤外線を放出するため、体の隠れた細部にまで遠赤外線が当たり、芯まで体が温まり持続させます。

 

蒸気、温度、遠赤外線と3つの重要な要素を満たした薬石蒸風呂

様々な効果で心身ともにリラックスできる薬石蒸風呂。ホームページでは、その魅力をまとめた特設ページもご用意しております。ぜひ、一度ご覧いただければ幸いです。

 

薬石蒸風呂特設ページ
https://www.kifunosato.com/onsen/sauna

 

2021.07.31  施設のご紹介

女性大浴場『紅梅の湯』のご紹介です。こちらの浴場では、庭園を望みながらの温泉浴をお楽しみいただけます。大きなウィンドウ越しにご覧いただけるのは、四季ごとに移ろいを見せる草花が織りなす情景。夏季シーズンは、青々とした木々の緑がとても印象的になります。

 

湯郷温泉は、お肌にやさしい微弱アルカリ性のNaCa塩化物泉。古くから湯治・美肌の湯とした親しまれてきました。身体に付着する小さな気泡が身体を冷やさないため、低温での長湯も可能です。夏場は水分補給・休憩もしっかり取りながら、ごゆっくりとお楽しみいただければ幸いです。

 

『紅梅の湯』庭園浴場。自然に自生する木々をイメージした庭園スペース、開放的なリゾート風の造りが印象的な空間です。

 

奥にあるベンチで休憩をとったり、庭園の草花を眺めたりしながら、ごゆっくりと温泉浴をお楽しみください。また、庭園浴場の奥側には給水スペース、薬石蒸風呂もご用意しております。薬石蒸風呂は季譜の里でも特に人気の施設です。特設ページもございますので、ぜひ、ご覧いただければ幸いです。

薬石蒸風呂・特設ページはこちら

 

 

 

2021.07.27  施設のご紹介

3月のリニューアルより、お陰様でご好評いただいております『スイートルーム片栗(かたくり)』。この夏より、室内の装いを一新しておもてなししております。壁面の作品を入れ替え、所々に季節の花々、様々な書籍もご用意いたしました。この度はその詳細をご案内させていただきます。

 

ベッドスペースの壁にかかるのは、石山和広氏の写真作品、「絵画から離れて[斎藤助教授の家 No.8]」、「絵画から離れて[斎藤助教授の家 No.9]」の2点です。

その名の通り、1952年の清家清氏設計「斎藤教授の家」を被写体としたものですが、オリジナルは現存しない為、2017年に東京国立近代美術館にて開催された「日本の家」において復元された1/1模型を撮影したものとなります。

「斎藤教授の家」はヴァルター・グロピウスが「日本建築の伝統と近代技術の幸福な結婚」と賞賛したことでも知られています。

 

作品は、畳の目を数えられるほどの解像度、画面上の全てにピントが合っていることの2点を念頭に制作が進められました。

現場で実際の建築を見るよりも、画面上で見た方が視覚的情報量が多いことを目指したもので、現実とは別でありながらも、写真で可能なもう一つのリアリティーが追求されています。

 

室内の各所に並ぶ書籍。和書・洋書を含め、およそ20冊の本をご用意いたしました。

 

めずらしい石の辞典や植物、器の解説本、そして落語本や絵本など、その内容は様々。パラパラとページをめくっているだけでも、知的な好奇心が刺激されるようです。ご滞在の際はごゆっくりとご覧いただければ幸いです。

 

夏季シーズンは、青い空と山々の緑を望みながらの露天風呂が気持ちが良い季節。湯郷温泉の源泉100%に浸かりながら、『スイートルムー片栗』で日々の疲れを癒す滞在をお楽しみくださいませ。

 

 

2021.07.20  お知らせ

7月20日より、岡山駅〜季譜の里の送迎バスを運行開始いたしました。火、水、木の限定運行となりますが、該当日にお越しの際はぜひご利用くださいませ。

また、新型コロナウイルス感染対策に伴い、1日の定員は先着10名様とさせていただきます。感染予防へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

【運行期間】
2021年7月20日(火)〜2021年9月30日(木)
火、水、木曜日のご宿泊限定運行
(火曜日は岡山駅へのお迎えのみ、金曜日はお送りのみ運行いたします)
季譜の里ご宿泊者様限定・無料 要予約 先着10名様まで

※ご予約の締切は毎週日曜日となります。
 (例 7月30日(金)のご予約 → 7月25日(日)の締切
 詳しくは予約係までお問い合わせください。
 TEL0868-72-1523

 

<運行スケジュール>
お迎え 岡山駅西口 13:00発 – 季譜の里 14:30着
お送り 湯郷温泉 10:30発 – 岡山駅西口 12:00着

※乗り場はバスターミナルではなく、国道沿いの乗車スペースとなります。
以下リンク先の赤いマーカー部分になります。
http://www.google.co.jp/maps/place/34%C2%B039’59.4%22N+133%C2%B055’00.2%22E/@34.666501,133.9161688,19z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d34.666501!4d133.916716?hl=ja&hl=ja


 

【送迎バス全般に関するお知らせ】
●ご利用は完全予約制となりますので、ご予約の際にお申し込みくださいませ。
 ※ご要望欄に「岡山駅送迎バス希望」とご入力いただくか、
 ご予約後お電話にてお申し付けください。TEL0868-72-1523
●送迎バスは、2名様からの運行となります。定員に達しない場合は運行致しませんのでご了承くださいませ。
●ご利用のキャンセルは5日前までにご連絡くださいませ。
●9月7日 – 8日は休館日のため送迎バスも休止となります。
●季譜の里にご宿泊の方のみご利用可能です。


皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております☆

 

 

2021.07.16  スタッフブログ

快適にご滞在をお楽しみいただく為、季譜の里では様々なオリジナル&セレクトアメニティをご用意しております。バスタオル、ハンドタオルはこだわりの生地で肌当たりの良い素材で仕上げました。また、美容液、ローション、クレンジングは天然植物原料由来・無添加にこだわった無添加工房OKADAのラインナップでご用意しております。

オリジナルタオルと無添加工房OKADAのラインナップは、お土産処『花篭(はなかご)』でもお買い求めいただけます。ぜひお立ちいただければ幸いです。

 

【季譜の里・客室アメニティ一覧】
ハンドタオル、シャンプー、リンス、ボディーソープ、ひげ剃り、歯ブラシ、歯磨き粉、浴衣、くし、ブラシ、バスタオル、ドライヤー、綿棒